【後編】ジャグラーで勝てない人、これからジャグラーを始めたいと思ってる人へのアドバイス

どうも、ケイです。

今回は前回の記事の続編になります!

前回の記事はこちら↓

 

前回の話をおさらいすると、ジャグラーは設定6でも負けます( ;∀;)

負けるんですが設定6をやり続ければほぼ確実に勝てるんです!

そんなん当たり前ですよねwww

しかし、設定6を使ってくれる店がなければ話になりません。

 

じゃあ設定6がない限り勝てないのか?

ここで前回は終わったんですが、今回はそのことについて詳しく解説いたします!

 

 

高設定がなくても中間設定があれば勝てる!!

店だって馬鹿じゃありません。

高設定ばかりを並べていては営業が成り立ちません。

しかし、低設定ばかり並べていても客が遠のくので営業が成り立ちません。

 

そこで役にたつのが、中間設定なのです。

この中間設定をうまく使える店っていうのは優良店だと僕は思っています。

 

誰だってジャグラーで勝ちたいですよね?

しかし、設定6を入れることによって必ずどこかの台にしわ寄せがくるのです。

極端な話、1台が設定6で残り全部は設定1。

こんなことは普通にあり得ることです。

 

設定6を入れることによって1人の客は喜ぶがその他の客は悲しむことになります。

 

しかし、ジャグラーの稼働を保つためにはそれではダメなんです。

 

お客に満足してもらわなければもう来てもらえません。

 

しかし設定6ではなく、中間設定にしたらどうでしょう?

 

ジャグラーの中間設定は機械割100%あります。

場合によっては設定6の数値を叩き出すこともあります。

設定6は1台しか入れることはできないが、中間設定にすれば3台ないし4台に中間設定を入れることができる。

設定6を入れると1人しか満足できなかったのが、中間設定にすることによって複数人が満足できるんですよね。

 

そして中間設定をベースにしてる店にはある特徴があります。

それは平均設定が高いということ。

設定6を入れる店は必ずといっていいほど、設定1で回収させます。

 

しかし、中間設定までしか置かないところはそもそもジャグラーで回収しようとする気がない場合が多いですね。

元店長ブロガーの話なんですが、ジャグラーはあくまでも客寄せのための機種。

 

本命はART、AT機で回収するのです。

そして中間設定をメインにすることによって店側の「ある意図」が読み取れます。

 

高設定を頻繁に入れる店はプロのような方が朝から晩まで打ち倒します。

店側の考えとしては、せっかくの高設定をみんなに打ってもらいたいという思いは必ずあります。

 

一方、中間設定はというと朝から晩まで打つ人はあまりいません。

中間設定がメインということで、プロも来ません。

ようするにたくさんの客に楽しんでもらえる。

 

中間設定メインの店が優良店だと思う理由はこういった背景からです。

 

僕の周りの店舗は最近の新基準機の低調ぶりからジャグラーの強い日を設定するようになりました。

読者の皆さんの周りは分かりませんが、その日を中心に中間設定狙いを続けていれば自ずと収支は安定すると思います。

 

中間設定で勝つために注意すること

高設定はないが中間設定でも勝てるということを説明しましたが、イベント日になんの根拠もなく台を選んでいては負けてしまいます。

 

まず重要なのは店のクセを知ること。

僕のマイホの場合は高い確率でマイジャグラー2に中間設定を入れてきます。

マイホはマイジャグラー3がないので必然的にマイジャグラー2が人気なんです。

 

逆に人気のないみんなのジャグラーにはほぼ確実に設定は入りません。

上記でも述べたように店側は設定入れるなら必ず打ってほしいという考えがあります。

 

日々稼働の少ないジャグラーに設定入れたところで誰もが打たないし、粘ることもしません。

中には稼働の少ないジャグラーに設定入れることによって稼働をあげるという意図もあるのでは?と思う方もいるかも知れませんが、そもそも稼働の少ない理由は人気がないから。

 

特にみんなのジャグラーは設定6でないとそのポテンシャルは発揮されません。

設定6はジャグラーで1番のボーナス確率を誇っていますが、ビッグ枚数が10枚ほど少ないのです。

なのでなかなか人気になりづらいんです。

 

そして、マイホの傾向としてマイジャグラー以外に中間設定を入れる時は角台に入れることが多い。

これも確実に打って欲しいという意図からくるものと思われます。

 

あとレバーやボタンの接触の悪い台にも設定はいれませんね。

 

このように自分が通う店のクセを知ることは必須事項なのです。

 

そして1番の重要なことは中間設定だと理解すること。

オカルトちっくな話になりますが、中間設定はあくまでも機械割は約100%。

2000枚でても、2000枚吸い込む可能性も高いのです。

夕方や夜からの稼働の場合はすでに2000枚近くでてる台は避けるべきですね。

 

逆にボーナス確率はいいのに差枚数が伸びてない台などは狙い目です。

 

やめ時は自分で決めておいた方がいいでしょう。

 

僕は1000枚、1500枚、2000枚を基準にしています。

 

どれだけでても2000枚に達したらやめます。

だって中間設定ですもんwww

 

3000枚、4000枚と伸びることもあります。

しかし、毎回それを夢みて粘ってたらトータル的に考えると負けてしまいます。

 

僕のマイホでも3000枚クラスはほとんどみないので。(たまにありますよ笑)

 

高設定を使ってる店は毎日8000回転前後回してる台があるような店。

そのような台をたまにしか見ないのであれば、その店は高設定をほとんど使ってないということなので、粘ることはせずどこかで見切りをつけるようにしましょう。

 

まとめ

2回にわたってお伝えした今回の記事。

いかがでしたか?

ジャグラーで高設定を掴んで勝ちたいというのは悪いことではありません。

しかし、昨今のスロット環境を考えると高設定を使う店というのも限られてきます。

ほんとに勝ちたいと思う方は高設定という考えを捨てて中間設定メインで立ち回るというのがいいでしょう。

 

まぁ僕の持論なんですが、難しいことは考えずに

負けたから設定1だ!

勝ったからこれは設定6だ!

みたいな感じで単純に考えたほうがいい結果はついてくると思いますよwww

 

これだけ設定の話をしながら、僕はオカルトで立ち回っているんですけどね笑

コメントはこちら!!