風俗嬢との食事

どうも、ケイです。

今日はパチンコはしませんでした。

朝から散髪に出かけます。

カットとパーマで9180円。

ちょっと高いですが、サービスがいいので、ずっとここでお世話になっています。

ここ最近は、散髪するお金ももったいないと思うようになってました。

パチンコ行かないから。

もうパチンコでお金は使わないから。

そして、午後からは知り合いと食事会。

その知り合いとは風俗嬢です。

普通の人からしてみれば、風俗嬢となぜ知り合いなのか?と疑問に思うことがあるかも知れないですが、実は小学生からの付き合い。

実家も近く、たまたま同じ関西に出てきた縁からか、連絡をたまに取り合ってました。

彼女が風俗で働くようになったのは、10年前。

元々、連絡先はお互い知らなかったのですがfacebookの友達リクエストが来ていて連絡を取り合うようになりました。

何回か食事をして相談に乗っている内に彼女は風俗で働いていると打ち明けました。

風俗嬢だからってヤリマンというわけではないです。

事実、僕とは一回も関係を持ったことがない。

純粋な友達なのだ。

今日、会ったのは彼女が関西から離れることが決まったので最後に食事しようという経緯です。

皆さんは、風俗嬢の裏事情というものをあまり知らないと思います。

ある程度、人気の風俗嬢は辞めたくてもすぐに辞めることは出来ないらしい。

彼女は現在働いている店に2年在籍してました。

今年の9月ごろに辞めると伝えたらしいが、結局年末まで伸びたらしい。

昨日が最後の出勤日だったようだ。

風俗で知り合った彼氏と一緒に住むらしい。

もう風俗業界は卒業。

これからは普通の女性として生きていくようです。

長年、風俗の世界で働いてきた彼女は、簡単に普通の仕事をして普通の暮らしをすることが難しいというのは理解しています。

普通の学歴の無い女の子が高収入を得るには風俗が1番だからだ。

彼女は若い時はピーク時に月収100万円以上あったらしいです。(その時はキャバ嬢)

それが普通のスーパーのレジ打ちが出来るのか?

彼氏は普通の仕事をして欲しいという願いがある。

彼氏のためにも風俗から足を洗うことを決めた。

彼女とはもう二度と会うことはないだろう。

敢えて行き先は聞かなかったし、言おうとしたら言わなくていいといった。

実は彼女は僕が自己破産をしたことを知っている。

お互いがお互いの秘密を知っている。

僕はパチンコ依存症のことを今日話した。

これからは、お互い頑張って生きて行こうと約束した。

彼女は強い人間だし、彼氏もいい人そうだからきっと上手くいくだろう。

僕も必ずパチンコ依存症から抜け出します。

パチンコ依存症は病気。

それを再確認した今日。

パチンコを打たない1日でしたが、なんか充実した1日に感じた今日でした。

にほんブログ村 スロットブログへ
⬆︎⬆︎⬆︎
少しでも記事が面白いと思った方は応援クリックお願いします(;ω;)